Events


ATMOsphere Japan 2020

date10 February 2020 location Tokyo Conference Center Shinagawa view on mapfollow this event on

About this event

We're thrilled to bring you yet another superb edition of ATMOsphere Japan during the month of super February - it will be THE time to be in Tokyo!

The 2020 edition of the conference discuss and analyze the status of the market for natural refrigerants-based technologies and opportunities in the fast-growing market of Japan where competition is increasing. 

Key discussion points in this year's conference will include: 

Policy and Regulatory developments

  • Upcoming F-gas regulation revision: After 5 years, Japan's F-Gas Law is planned to be reviewed, with the process starting in 2020. The revision represents an opportunity to address the lack of ambition in some aspects in comparison to F-Gas regulation in Europe.
  • The IEC vote and ongoing HC risk assessment are affecting the hydrocarbons market as it expands from the light commercial sector into a wider range of applications in commercial refrigeration.
  • Ongoing subsidies by the Japanese Ministry of the Environment continue to drive the market for NatRefs in commercial and industrial refrigeration applications.
Rapidly evolving market dynamics: 
  • Industrial Refrigeration: Low charge ammonia based solutions are now competing with CO2 TC systems being newly offered by several players.
  • Commercial Refrigeration: CO2 TC condensing units have been the traditional NatRef solution for Japanese retailers. Recent years, however, have shown an increased acceptance of hydrocarbon plug-in showcases and in 2019 there was an emergence of a new proposition: R290 water loop systems.
  • Light commercial refrigeration & other applications: Japan has always been a strong R&D hub with Kigali bringing a wave of attention and investment into HFC-free solutions. In 2020, we expect to see new technologies harnessing the power of natural refrigerants in new and specialised industries.

Conference programme will include: 

  • Keynote presentations 
  • Global and regional policy, regulations and standards           
  • Technology end user presentations 
  • Market & technology trends
  • Latest innovative technology presentations  
  • Networking events & more! 

February 2020 is THE time to be in Tokyo with other important industry events happening such as: 


Conference attendees will include end users, policy makers, manufacturers, researchers, academia, NGOs, associations, media, consultants and other relevant key industry experts & thought leaders! 

REGISTRATION WILL OPEN SOON. DRAFT PROGRAMME WILL BE ANNOUNCED IN THE COMING WEEKS. 


-----------------------------------------

【会議概要】
ATMOsphere Japan 2020-自然冷媒のためのビジネス事例-
日程:2020年2月10日(月)
会場:東京コンファレンスセンター・品川 (〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 3F-5F)
参加登録:後日公開!
昨年度の開催レポート:https://issuu.com/shecco/docs/aj_22/18 

【会議詳細】
日本市場に焦点を当てた自然冷媒会議国際会議「ATMOsphere Japan」を、今年度は2020年2月10日(月)に東京コンファレンスセンター・品川にて開催することが正式に決定しました。日本での開催は7回目となる本会議は、国内外からのユーザー様、政府関係者様、メーカー様、及び各種団体様といったあらゆる冷凍冷蔵・空調業界関係者の皆様にとりまして、自然冷媒に関する日本および世界の動向及びビジネスケースに関して情報交換を行うことで、自然冷媒市場を活性化することを目的としています。


【2020年の重要トピック】
政策的ダイナミック

  • IECによる炭化水素冷媒充填量制限150gから500gへの引き上げ案の承認と炭化水素リスクアセスメント
  • 環境省による自然冷媒機器導入補助金と経済産業省による機器開発補助金
  • 代替フロンの罰則強化により受ける自然冷媒の需要と供給の増加
  • キガリ改正達成のためのフロン排出量削減と今後の施策
  • 東京オリンピックにむけたより注目を浴びる省エネかつ環境保全型技術 
市場・技術的ダイナミック
  • 新規分野対応技術や、省エネ効果のより高い技術の登場
  • 各分野ごとの技術競争の激化
    • 産業用分野:さらなる低充填量アンモニア/CO2システムおよびCO2直膨式の参入
    • 業務用分野:日本では広がりつつある別置型CO2冷凍機に加え、炭化水素内蔵型ショーケースやウォーターループシステムの参入
    • 小型業務用分野:リスクアセスメントの進行により期待される省エネ効果の高い炭化水素の使用拡大

会議当日では、エンドユーザー様による導入事例、政府関係者様によるフロンに関する最新の政策・規制動向、メーカー様や業界で名高い研究者・技術者様による最新の技術進歩や今後の展望に関する最新情報などを、各分野のスペシャリストより共有いただきます。

昨年度は200名以上の業界関係者にご参加いただきました。今年度も日本、欧米ならびにアジア各国からトップクラスの業界関係者が集まる場となりますので、ぜひご参加ください。



Quick Links