Events


ATMOsphere Japan 2019

date12 February 2019 location Tokyo, Japan view on mapfollow this event on

About this event

Building on the momentum of yet another successful edition of the conference last year where over 200 participants from more than 80 organisations gathered, ATMOsphere Japan is returning to Tokyo on 12 February 2019 - one day before Japan’s largest retail exhibition, the Supermarket Tradeshow.

The event is set to continue the growing discussion on opportunities for natural refrigerants in Japan, bringing together government representatives, end users, domestic and foreign manufacturers, and other experts, offering great networking opportunities with key industry leaders.

In addition, as the Tokyo 2020 Olympics nears closer, the demand for eco-friendly technology is heating up, adding to the importance of the discussion of natural refrigerant technology in the country.

Key topics of ATMO Japan 2019 include:

  • Reinstatement of subsidies for natural refrigerants in the cold storage, food processing and retail sectors in FY2018
  • Expected changes to HFC regulation and adoption of the Kigali Amendment in 2019
  • Results of risk assessment for A3 refrigerants
  • NEW:The very first Accelerate Japan Awards, recognising thought leaders of commercial and industrial refrigeration that are doing the most with natural refrigerant solutions in Japan



-----------------------------------------

【会議概要】
ATMOsphere Japan 2019-自然冷媒のためのビジネスケース-
日程:2019年2月12日(火)
会場:東京コンファレンスセンター・品川 (〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 3F-5F)
参加登録:http://www.atmo.org/Japan2019/register
昨年度の開催レポート:https://issuu.com/shecco/docs/aj_16/20

【会議詳細】
日本市場に焦点を当てた自然冷媒会議国際会議「ATMOsphere Japan」を、今年度も2019年2月12日(火)に東京コンファレンスセンター・品川にて開催することが正式に決定しました。日本での開催は6回目となる本会議は、国内外からのユーザー様、政府関係者様、メーカー様、及び各種団体様といったあらゆる冷凍冷蔵・空調業界関係者の皆様にとりまして、自然冷媒に関する日本および世界の動向及びビジネスケースに関して情報交換を行うことで、自然冷媒市場を活性化することを目的としています。

2016年10月のキガリ改正採択やパリ協定以降、日本国内でも環境省による自然冷媒機器導入に対する補助金の拡大や、CO2冷媒の規制緩和、炭化水素冷媒のリスクアセスメントプロジェクトの継続など、政策的にも大きな動きがありました。HFCの消費量の段階的削減義務等を定めるモントリオール議定書キガリ改正及び、国内担保措置として特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律(オゾン層保護法)の一部改正が同じく1月より施行されることもあり、脱フロン化という課題に対して業界全体がより注目をする時期でもあります。これにより、自然冷媒技術については導入を検討するユーザーが増加し、メーカーによる技術革新も進んでおり、自然冷媒技術に関する議論を行うには最適の時期とも言えます。

会議当日では、エンドユーザー様による導入事例、政府関係者様によるフロンに関する最新の政策・規制動向、メーカー様や業界で名高い研究者・技術者様による最新の技術進歩や今後の展望に関する最新情報などを、各分野のスペシャリストより共有いただきます。

昨年度は200名以上の業界関係者にご参加いただきました。今年度も日本、欧米ならびにアジア各国からトップクラスの業界関係者が集まる場となりますので、ぜひご参加ください。



Quick Links

 

 

News

17 September 2018 | Call for case studies for ATMOsphere Japan 2019You're invited to submit your technology case study with natural refrigerants for ATMOsphere Japan 2019 conference! 

会議の技術動向セッションで発表されるケーススタディの募集を、この度正式に開始いたしました。ケーススタディの提出締切は12月3日 です。
26 July 2018 | Exclusive Interview with Panasonic and Mayekawa Executives We're proud to announce ATMO Japan to be held on 12 February will have top executives from Japanese industry's leading companies on the stage during an exclusive interview session.